矯正歯科

最新の矯正方法なら長年の悩みも解決できます

歯並びをキレイにしたいけど、歯にワイヤーを付けて矯正しているのが目立つのは恥ずかしい・・・。そういったお悩みにもきちんと答えられるように、当院では見えない矯正装置のマウスピース矯正「インビザライン」、「床矯正」と、部分的に治していく「部分矯正」をご用意しています。


  • 床矯正で気軽に綺麗な歯並びに

    床矯正

    床矯正装置は乳歯や、乳歯と永久歯による混合歯列期の不正咬合を処置するためによく使用されます。また、永久歯列に対しては補助的矯正装置や後戻りを防ぐ装置として使用されます。またご自身だけのオーダーメイドカラーの装置を作製する事も可能です。

    床矯正はこちら 

  • 気になるところだけ矯正したい!

    部分矯正も取り扱っています

    前歯の2本だけ矯正したい、下の歯だけ矯正したい、八重歯だけ治したい、歯の隙間を詰めたいといった細かなご要望にも、部分矯正(MTM)で柔軟に対応できます。一部の歯のみの場合、その分だけ治療費も安くなります。お気軽にお問い合わせください。

    部分矯正はこちら 

  • 子供の歯の矯正

    小児矯正も取り扱っています

    子供のころに矯正を完了させたいとお考えのご両親の方へ、当院では小児歯科矯正はもちろんのこと、虫歯治療や無料のフッ素塗布といった予防処置も行っています。矯正を始める適切な時期や、虫歯にならない生活習慣などのご提案もさせていただいています。

    小児矯正はこちら 

審美性に優れたマウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース矯正(インビザライン)当院では、気づかれにくい審美性に優れたマウスピース矯正(インビザライン)を扱っております。矯正治療において気になる、矯正装置(メタルワイヤー)での審美性の問題を解決できます。また、取外しもしやすく、歯磨きなどもしやすいというメリットいっぱいの矯正治療です。

インビザラインはこちら 

当院では、透明なマウスピースを装着する矯正としてインビザラインをオススメしています。定期的に矯正用のマウスピースを交換しながら、徐々に歯を動かしていのがマウスピース矯正のシステムです。この矯正用マウスピースは透明で頑丈な薄い素材で出来ているため、仕事中や普段の会話でも目立たず、食事の際には取り外しできますので、従来あった矯正装置のわずらわしさを軽減・解消させてくれます。

虫歯・歯周病予防まで含めたトータルケアを実現

トータル治療

当院は矯正治療だけを行っている医院とは異なり、虫歯治療や歯周病治療も行っている総合歯科医院です。歯科矯正を行う前には、虫歯治療や歯周病治療をきちんと完了させておく必要があり、さらに矯正中は虫歯や歯周病のリスクが高まるために正しく予防を行っておく必要があります。矯正だけを行っている医院では、こういった治療には対応できないところが多いため、治療については他の歯科医院へ通うことになり、結果として患者さまの負担が増えてしまいます。

せっかく歯並びが改善されても、虫歯や歯周病が悪化してしまっては意味がありません。また、複数の医院を同時に掛け持ちするというのは金銭的・精神的・時間的にも大きな負担となります。「歯を綺麗に並べる」という基準だけではなく、「虫歯や歯周病にならないための処置も総合的に行える」ことも、ひとつの判断基準として医院選びをしていただくことを強くお勧めします。

効果的な矯正治療のための精密な診断

矯正歯科治療歯科治療は治療を始める前の検査・診断がとても重要です。特に矯正治療は他の歯科治療と比べると治療期間が長くなりますので、初めの検査・診断で何か抜け漏れがあった場合は、後からその部分を修正していかなくてはならないために余計な時間を取られてしまいます。

このことは患者さまの金銭的・精神的な負担につながっていきますので、初めの検査・診断は本当に慎重に行わなければなりません。 当院では、安心して、そして納得して治療を行っていただけるように、ドクターやスタッフの経験と勘に頼るのではなく、精密な検査・診断に基づいた適切な治療を行っております。


どんな歯並びなら、歯科矯正を行った方がいいの?

  • 上顎前突(出っ歯)

    上顎前突(出っ歯)

    上アゴが下アゴよりも前に出ている歯並びで、日本人の多くの人に見られる状態です。上顎前突の人は口呼吸をしている場合が多いため、口が渇いて風邪をひきやすくなったり、舌の位置がよくないことから発音がしづらい傾向が見られます。また、顔の見た目を大きく変える原因にもなっています。

  • 開咬(前歯が閉じない)

    開咬(前歯が閉じない)

    口を閉じたときに奥歯はきちんと噛んでいても、前歯が噛みしめられずに上下に隙間が空いた状態です。食べ物を噛み切ることができなかったり、正しい発音がしにくかったりします。

  • 下顎前突(受け口、反対咬合)

    下顎前突(受け口、反対咬合)

    下アゴが上アゴよりも前に出ている歯並びのことです。出っ歯とは逆の状態で、大きくアゴが出ているような見た目になります。まれに、歯並びとは関係なく下アゴを前に出すのがクセになっているだけの人もいます。

  • 叢生(乱ぐい歯)

    叢生(乱ぐい歯)

    歯が色々な方向や重なり合うように生えており、歯列全体が乱れた状態です。日本人の非常に多くの人に見られ、八重歯もこの一種です。原因として最も多いのは、アゴが小さすぎることによって歯が並ぶスペースが足りなくなることです。上下の歯で上手く噛み合わないので、お口全体に悪影響を及ぼします。

  • 空隙歯列(すきっ歯)

    空隙歯列(すきっ歯)

    いわゆる「すきっ歯」と呼ばれる、歯と歯の間に隙間が開いている状態です。永久歯が生えてくる前の子供はすきっ歯の状態の子が多くいますが、これはまったく異常ではありません。乳歯よりも大きなサイズの永久歯が生えてきたときに、キレイに隙間が埋まるようになっています。歯の隙間に食べ物が詰まりやすかったり、発音に支障が出ることがあります。

  • 過蓋咬合

    過蓋咬合

    上の歯と下の歯の噛み合わせが深く、上の前歯が下の前歯を覆ってしまうくらい深くなる状態です。自分自身では気づかないことが多いものですが、虫歯や歯周病の原因を作りやすかったり、下の歯で上の歯ぐきを噛みこんでしまうために腫れや口内炎の原因につながってしまいます。

上記はすべて矯正治療が必要とされる歯列不正です。今まであまり気になっていなかった方も、一度ご相談をしていただくことをお勧めします。