当院が選ばれる理由

安全性と確実性を高めるシステムの積極導入

安全なインプラント

患者さまの大切なお口のために、時間や手間は惜しみません

当院では手術の安全性を高めるために、ノーベルバイオケア社の「ノーベルガイド」というシステムを使用しています。これは、CTスキャンされた患者さまの画像をもとにコンピューター上で手術の事前シミュレーションを行い、どういったお口の状況かをしっかりと把握してから手術を行えるものです。

さらに、ガイデットサージェリーという、お口に装着する手術用のガイドテンプレートをおひとりずつの状態に合わせてオーダーメイドで製作します。

実際の手術のときに、事前のシミュレーションとガイデットサージェリーのテンプレートに合わせて手術を行っていくことで、人為的なミスを大幅に減らすことが可能になりました。 通常のインプラント手術よりも手間や時間のかかる方法ですが、より安心して、安全な治療を受けていただくことができるので、患者さまからのご希望も多く、人気の治療方法です。

国際口腔インプラント学会きくち歯科クリニックのインプラント治療が選ばれる大きな理由として「国際的な機関」に認められたインプラント術者であることが挙げられます。当院院長の菊池謙一は、ICOI ( 国際口腔インプラント学会 ) という国際的な口腔インプラント学会で認定された専門医・指導医です。患者さまを安心・安全治療できるよう、グローバルな技術を習得していますので、ご安心して治療を受けていただくことが可能です。インプラントがご不安な方は一度カウンセリングにお越しください。


「ノーベルガイド」を使用することのメリット

手術前に事前シミュレーションを行うことができます

シミュレーションCTスキャンされた患者さまの画像データをもとして、コンピューターで術前にインプラント埋入時のシミュレーションを行うことができます。同時に被せ物の設計までシミュレーションが可能なため、見た目や機能に優れた、予測性の高い治療を行うことができます。

また、事前シミュレーションの際に見た目のご希望などをお伝えいただければ、よりご希望に合わせた見た目に近づける治療を行うことが可能です。


人為的なミスを最小限にすることが可能です

ガイデッドサージェリーコンピューターシミュレーションのデータをもとに、手術時にお口に装着する「テンプレート」を作成します。このテンプレートにはシミュレーション通りの場所に確実にインプラントを埋入できるように、ガイドとなる穴が開いています。このガイドに合わせて手術を行えば、経験や勘に頼ることなく、短時間のうちにシミュレーション通りにインプラントを取り付けることが可能です。 人為的なミスを最小限に減らすと同時に、確実な位置にインプラントを埋入することが可能なので、骨の量が少ない方の場合でも骨を増やす手術の必要を減らすことができます。また、神経に近い部分へインプラントを行う方でも、神経損傷などの危険性を減らすとができます。


手術当日から仮の歯を装着することができます

事前にシミュレーションされたとおりにインプラント手術を行うことができるため、事前に最終的な上部構造(被せ物)に近い状態の仮歯を準備することができます。手術当日にシミュレーション結果を基にして作られた仮歯を装着すれば、患者さまは歯がある状態で帰宅していただくことができます。


歯ぐきを切らないから、身体的な負担もコストも抑えられます

事前にインプラントを取り付ける正確な位置をシミュレーションすることができるので、歯ぐきを切開しない手術「フラップレス手術」を受けていただくことも場合によっては可能です。歯ぐきを切開しないため、縫合の必要もなく、患者さまの身体的な負担や、治療回数、手術時間を減らすことができます。もちろん、費用も抑えられます。


CTスキャンを用いた精密な診断

歯科用CTスキャンについて

保障プログラム頭の部分のみを撮影するX線装置です。以前は、当院でも近隣の提携医院へ訪問していただき、そこで医科用CTスキャンを撮影していましたが、細かな情報を必要とする歯科の分野では、歯科医療用により細かな画像診断が必要となる場合がありました。

歯科専用のCTスキャンは他のCTスキャンと比較すると、短時間の照射・狭い範囲での撮影のために、被曝量を低減させ、歪みのない高画質な画像で精密な診断をできるというメリットがあります。


インプラント治療時にCTスキャンを用いることのメリット

事前にインプラントを装着する骨のことが把握できます

インプラントはアゴの骨に取り付ける装置です。そのため、アゴに十分な骨の量があることが条件となります。もしアゴの骨がインプラントを行えないほど少ないときは、骨を増やすための骨造成という治療を行う必要があります。

こういったこともCTスキャンの画像を基にしたシミュレーションで検証ができるため、骨が少ないということが分かれば、どのように骨を増やす必要があるのかについて早い段階から計画を立てることができます。 また、手術中にもガイドとなるテンプレートを入れた状態でさらにCTスキャンを撮影・分析することで、インプラントを埋め込む位置や方向、深さなどを確認することができ、安全で確実な治療を行うことができます。


適切に手術が行えたかを確認できます

当院では手術完了後も、シミュレーション通りに正しくインプラントが埋め込みされたのかをCTスキャン撮影によって確認しています。手術後に気になることがありましたら、お気軽にお伝えください。


危険部位を確認できます

下アゴの骨の内側には、下歯槽管というトンネルのような管があり、その中を下歯槽神経、下歯槽動脈、下歯槽静脈などが通っています。インプラント手術を行う際に、この下歯槽神経との距離がとても重要となります。この神経を傷つけてしまうと、下唇などがマヒしてしまう恐れがあるため、必ず数ミリの距離を開けておかなくてはなりません。

CTスキャン画像を用いれば、事前に患者さまの下歯槽管の位置を的確に確認することができるため、神経を損傷するリスクを最小限に抑えることができます。


他にも、以下のような部位に注意が必要です。CTスキャン画像を用いて事前に確認、シミュレーションを行っています。

上アゴ前歯後方にある、神経の出口である切歯孔

上アゴの前歯にインプラント埋入時に注意しなければならない神経です。

上アゴ臼歯部の上顎洞と呼ばれる空洞

歯を失うと、この上顎洞底が下方に落ちてくるため骨の量が不足しがちです。特に日本人は欧米人と比較して、この骨量が少ないことが多く、インプラント治療時に骨造成が必要となることが多いです。

アゴの骨の形状

おひとりずつ形状が異なるため、形状に合わせた治療方法が必要です。CTスキャン画像を用いることで、複雑な形状のアゴの骨もしっかりと確認することができます。

高品質で実績のある製品の採用

インプラントパーツ

インプラントパーツインプラント治療を満足いただける結果にするためには、歯科医院の設備や担当医の技術力はもちろんのこと、使用するインプラントシステムそのものも、とても重要です。

100種類以上あると言われているインプラントシステムの中から、当院では世界的に認められたインプラントシステムのみを厳選して使用し、埋め込む部位や手術の内容によって複数のインプラントシステムを使い分けることで最良の結果を導いています。

当院が主に使用しているのは、インプラントシステムで世界トップシェアを持つ「ノーベル・バイオケア社」のものです。

1965年に臨床応用されてから45年以上の実績があり、1本だけの治療から複数の治療まで、幅広く対応できる信頼性の高い製品です。長期間に渡っての安定性も実証されており、10年以上では96%、5年以上では98%の持続率が報告されており、40年以上前に行なわれた最初のインプラント治療が2006年でも機能し、後遺症もないという報告もあります。


拡大鏡の使用

拡大鏡一般的に肉眼で見えるものは、0.2~0.3mmが限界と言われています。インプラント治療のような非常に細かな精度で行うものは、肉眼だけでは精度不足です。

当院では拡大鏡を用いて、肉眼では見えないレベルでの細かなインプラント治療を実現しています。もちろん、拡大鏡を正しく取り扱えるための技術力向上も欠かさず取り組んでいます。


生体情報モニター

インプラント治療を、より安心・安全に治療を受けていただけるように、患者様の状態や容態の変化を視覚的にチェックすることができる生体情報モニターを導入しています。これにより、手術中の血圧や脈拍、酸素飽和度などを測定し、患者さまの状態を的確に把握することが可能です。

高血圧や心疾患、糖尿病などをお持ちの方や、治療に不安がある方もご安心して治療を受けていただけるように努めています。 また、リラックス効果の高い静脈内鎮静法の麻酔を使用する際は、歯科麻酔専門医を招いて安全性をモニタリングをしながら行っていきます。


AED

AED突然の心肺停止という万が一に備えて、当院を含む徳真会グループの全クリニックではAED(自動体外式除細動器)を設置しています。

AEDは電極パッドを胸に貼ることで自動的に心臓の状況を判断することができ、音声ガイダンスが使い方を順に指示してくれるので、専門知識を持っていない方でも救命活動を行うことができます。