無痛治療へのこだわり

痛そうな治療ではなく、痛くないことが当然の治療へ

子供の無痛治療

当院では無痛治療を積極的に取り入れています

これまでの歯科治療は、歯を削ったり麻酔を打つ際にどうしても「痛み」を伴うことがありました。痛いのを嫌って歯科医院へ行くことに抵抗がある方も多いかと思います。当院では、最先端の治療器具・麻酔方法と高い技術力によって、常に痛みの少ない治療(無痛治療)を心がけています。

歯ぐきに塗布するジェル状の表面麻酔剤や、リラックスと鎮痛効果のある吸入式の麻酔など、歯科医院が扱う麻酔薬は大きく進化しました。また、治療中に感じてしまう痛みは、患者さまとドクターとの信頼関係によっても大きく変わってきます。不安なまま治療を受けていると、歯を削る音が聞こえただけでも痛みを感じてしまうことがあります。しっかりと説明をさせていただき、安心して治療を受けていただけるように努めています。

痛くない治療を実現するための7つのこだわり

表面麻酔剤を使用しています

麻酔の注射針を刺すときに感じる痛みを抑えるため、歯ぐきの表面にジェル状の「表面麻酔剤」を塗ります。表面麻酔剤は塗るだけで効果がありますので痛みはまったくありません。

麻酔薬を適温に保ちます

注射針で注入する麻酔薬を体温と同じ温度へ温めます。適温に保つことで、麻酔薬が体内へ入る際の刺激を軽減することができます。

電動麻酔注射器で麻酔薬を注入します

麻酔薬注入歯ぐきの表面の麻酔が効いてきたら、コンピュータで制御されたコードレス電動麻酔注射器を用いて麻酔薬を注入します。世界最小クラスの超極細針を使用しているため、注射針が触れた感覚さえ分からないほどです。麻酔薬を注入する速度は患者さまの状態に合わせて3段階から選択。

理想的な麻酔を実現しています。また、麻酔を打たれるという行為に恐い気持ちを持ったままだと、本来は感じないはずの痛みを感じてしまうことがあります。リラックスしていただけるように、麻酔中はやさしい音楽が流れて不安な気持ちをやわらげます。

手間を掛けることでさらに高い効果を目指します

手間を掛けることでさらに高い効果を目指します麻酔薬の注射を当院では2回に分けて行っています。1回目の注射では痛みを感じにくい部位に麻酔薬を注入し、効果が出てくるのを待ちます。

1回目の麻酔薬が効いてきた後に、もう一度しっかりと患部に麻酔薬を注入することで、さらに高い効果を狙っています。手間のかかる方法ですが、患者さまに寄り添った治療を心がけています。

信頼関係をとても大切にしています

過去に麻酔を使ったときになかなか効かないことがあったり、反対に麻酔が効きすぎてその後の生活に不自由を感じたり、患者さまおひとりずつさまざまな麻酔の体験をお持ちかと思います。どんな些細なことでも結構ですのでお気軽にお伝えください。最適な麻酔方法をご一緒に検討していきます。

しっかりと治療内容をご説明します

当院では、どのような治療でも事前にしっかりと治療内容を説明させていただいています。もちろん、麻酔を打つ前にも説明をさせていただき、納得をいただいた後で治療に入らせていただいています。ご不明な点があれば、いつでもご質問ください。

レーザー治療器を導入しています

当院では痛みが少なく治癒の早い、炭酸ガスによるレーザー治療器を導入しています。レーザー治療は麻酔を使わない状態でも痛みをほとんど感じることがなく、歯の表面や歯周組織などあらゆる部位に使用でき、狙った箇所にのみピンポイントで治療が行えるため、術後の治癒スピードが早いという特徴もあります。

歯科医院にかかるのが久しぶりな患者さまですと、レーザー治療を受けたことがない方もおられるかと思いますが、医療現場で安全性の高さが証明されている機器になりますので、安心して最先端の治療を体験していただければと思います。

治療後の痛みや腫れが心配なときにも、お気軽にお尋ねください。

治療後の痛み1当院では無痛治療に努めていますが、治療後にご自宅へ戻られてから患部に痛みを感じたり、食べ物がしみてしまうことや、まわりの歯ぐきが腫れてしまう場合があります。

これらは、虫歯の近くにある神経が原因です。虫歯治療において「神経を取る」という言葉を耳にされたことがある方も多いかと思いますが、当院では神経を取る治療方法はできる限り行わないようにしています。

治療後の痛み2神経を取ってしまえば、どのようなときでも痛みを感じることはなくなりますが、同時に歯がもろくなり、割れやすくなってしまうことがあります。ご自分の歯を長い年月に渡って使い続けられることを目指すということから、神経は残しておくべきというのが当院の治療方針です。

また、患部の状態や患者さまの健康状態によっては痛みを抑えることよりも治療行為を優先する場合があります。この場合はどうしても痛みが生じてしまいます。

治療後の痛み3そういったときには、治療後の痛みや腫れといったリスクについて事前にしっかりと説明をさせていただき、納得をいただいた上で治療に入らせていただいています。「大切な用事があるから顔が腫れてしまうのは避けたい」というような、治療後の経過に心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。

すべての患者さまに喜んでいただける、価値のある歯科医であり続けられるよう努めています。