衛生管理と感染予防

感染症対策を徹底することも、歯科医としての使命です

人間の口の中にはさまざまな細菌が存在しています。歯を治療するという行為を通じて、出血や唾液などに混ざって細菌が流出するため、治療器具は徹底的に滅菌処理を行う必要があります。小さな器具ひとつひとつに至るまで、滅菌処理が不十分なままでは治療器具を通じて他の患者さまへ深刻な感染症を引き起こしてしまう可能性がないとは言い切れなくなります。

徹底した感染症対策は大変な手間やコストがかかりますが、当医院では患者さまの安心と安全を守るために最先端・最高峰の滅菌・消毒設備を導入して対策を行っています。もちろん、出血等が極力ないような治療を心がけておりますが、もし出血があった場合でも安心して治療を続けていただけるように努めています。

クリーンな環境作りを実現してお待ちしています

クリーンな環境作り当医院では、歯を削る治療の際に舞い散る金属や歯の削りカスといった細かな粉塵を吸い込まないよう、口の外で粉塵を吸い取る口腔外バキューム(口腔外サクション)設備を導入。有害物質をしっかりと吸引することで、患者さまの感染リスクを取り除いています。

また、医院全体の空気環境のために空気清浄機ももちろん導入。空気中に浮遊する細菌、ウィルス、花粉などを取り除き、常に清潔な空気を保っています。匂いも同時に除去しているため、病院独特な匂いがせず、リラックスできる空気環境を実現しています。さらに、注射針や麻酔液のカートリッジ、外科用のメス、ドクターやスタッフが装着する手袋、うがい用の紙コップ、患者さまに付けていただくエプロン、トレーペーパーなど、治療で使用するものは可能な限りディスポーザブル(使い捨て)にすることで、クリーンな環境作りを実現しています。

患者さまごとに滅菌された器具を使用しています

医院内に滅菌室と高水準の滅菌機器を導入済み

滅菌機器失われた歯の根元に新しい歯を取り付けるインプラント手術。非常に効果的な方法でありながら、手術中には出血に伴う感染症のリスクが高くなります。当医院では、ドクター、スタッフの技術力向上はもちろん、感染症を防ぐために患者さまごとに滅菌された器具を使用しています。

また、歯科医で目にすることの多い、歯を削るためのタービンという器具があります。先端に小さなバーを取り付けて、虫歯の状態に合わせて歯を削り取る器具です。タービンは毎分40万回転という高速回転をするため、減菌処理に伴ってわずかなゆがみでも生じてしまうと、使用することができなくなります。歯科医院によってはタービンの故障を嫌って、正しく減菌処理を行っていないところがあると報道されたことがあります。

当医院はタービンやバーはもちろんのこと、どんな小さな器具でも、患者さまごとに適切に滅菌済みの器具を使用するように徹底しています。複数の患者さまの間を使い回すようなことは一切ありません。安心して治療をお受けください。

当医院における減菌処理の流れ

手洗い、超音波洗浄機でさらに細かく洗浄

超音波洗浄機でさらに細かく洗浄まずはしっかりと手洗いを行い、超音波洗浄機を用いてさらに細かく洗浄します。使用した治療器具を素早くきちんと洗浄することで、付着したタンパク質などの汚れを除去し、物理的な除菌を行っていきます。正しく洗浄を行わずに器具に汚れが付着したままでは、その部分が微生物を発生させる原因につながってしまい、消毒や減菌処理をどれだけ行っても効果が見込めなくなります。基本を疎かにしないことを心がけています。

STEP矢印

器具を個別にパック

器具を個別にパック:スタッフが、1つずつ丁寧にパックしていきます。基本的な器具だけでなく、外科器具なども1本1本分けてパックします。

STEP矢印

オートクレーブにて完全滅菌

すべての器具を分けてパックした上で、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)にて完全滅菌処理を行っています。オートクレープ装置とは高温・高圧の飽和水蒸気を用いて感染症のリスクとなる微生物を死滅させる装置で、幅広い医療機関・研究機関で用いられている信頼性の高いものです。